iPhoneの画面割れはApple Storeで修理がオススメ? | 大阪サボリーマン情報

iPhoneの画面割れはApple Storeで修理がオススメ?

サボリーマンの神器であるスマホの画面が割れました。

スマホの画面が割れるという事、それは我々にとっての死を意味するのではないのでしょうか。

と、いう事で心斎橋Apple Storeへ修理に行ってきました。

以前同じく心斎橋にあるスマホの画面割れ専門の修理屋さんに修理してもらった事があるのですが、修理費は安いもののディスプレイが黄ばみがかった安物に交換されており、次頼む時は必ずApple Storeと決めておりました。

Apple Storeの修理ってどんなもんよ?って方のために今回はその過程をレポートします。

1 まずはAppleのHPにて修理を申し込もう!

今回サボ夫は持ち込みを選択。

修理費用はAppleCare+と呼ばれる保険に加入しているかしていないかで大きく変わりますので、まず自分のiPhoneの加入状況をこちらのアップルのサイトで確認しましょう。

幸い私サボ夫はAppleCare様に守らておりましたので3,400円で済みました。

ありがたや。

2 予約日に予約した店へ予約した時間に修理iPhoneを持ち込もう!

そのまんまですすみません。

一応最悪本体交換の可能性があるのでバックアップは必ずとっておきましょう!


で、ここからが今回言いたかった事なんですが、予約する時に決めた時間。

これが意外と罠でして、今回サボ夫は15:30に修理予約をしたんですが、

Apple Storeは平日だというのにそりゃもう混んでまして、15:30になっても受付してもらえず

結局名前呼ばれたのは16時だったんですね!

てっきり予約した時間に対応してくれるものだと思ってましたよ。

で、そっから話聞いてもらってiPhone渡して、約1時間後に修理完了。

修理時間なんかも予約時は当然聞かされないのでこれも要注意ですね。

サボ夫はこの1時間をApple Store店内で待っていたのですが、意外とこれが悪くないサボリスポットでして。

店内はAppleのWIFIが飛んでいて空調も効いているので中々快適なんですよね。

img_7111

修理場所であるGenius Barはこんな感じで順番待ちの人だかりなので少々窮屈ではありますが・・・。

その後おじちゃんが呼びに来てくれて無事綺麗なiPhoneを拝受。

やはり純正。その辺の修理屋とは質が違います(ほんまかい)

当たり前ですがディスプレイ意外の本体の傷なんかはバッチリ残っています。

さぁこれで明日からもサボリまくるぞー!

皆さんもApple Storeで修理をされる際は時間に余裕をもってサボリ併用スタイルで行く事をオススメします。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする