パワーアップしたGoogle翻訳を他の翻訳と比較してみた | 大阪サボリーマン情報

パワーアップしたGoogle翻訳を他の翻訳と比較してみた

pak75_englishkucchi-20141206204016_tp_v

何やらGoogle翻訳が不思議な力手に入れて
圧倒的なパワーを身につけたようです。

言語の自動翻訳というのは簡単そうに見えてとーっても難しい事で、
言語の理解には人のいわゆる「常識」と言われる知識が関わっているから、
今のAI技術を持ってしても容易な事ではなかったんですよね。

「He saw a woman in the garden with a telescope.」 (逐語訳をすると「彼 見た 女性 庭の中で 望遠鏡で」となる)  たいていの人は、これを「彼は望遠鏡で、庭にいる女性を見た」と訳す。読者の方もおそらくそう読んだのではないかと思う。  ところが、実は、この解釈は文法的には一意に定まらないのである。庭にいるのは彼なのか、それとも女性なのか。望遠鏡を持っているのは彼なのか、女性なのか。実際、グーグル翻訳では、「彼は望遠鏡で庭で女性を見た」と訳される。庭にいたのは女性ではなく彼だと解釈している。ところが、人間にとっては、これはちょっと不自然である。何となく「彼は望遠鏡で景色を見ていたところ、たまたま庭にいる女性を見つけて心惹かれている」というシチュエーションが思い浮かぶ。だから、「女性は庭に」いなくてはいけないし、「彼は望遠鏡で」覗き見していないといけないのである。  なぜ人間にわかるのかといえば、それまでの経験から「何となくそのほうがありそうだ」と判断しているだけで、説明するのは難しい。これをコンピュータに教えようとすると、「望遠鏡で覗いているのは男性のほうが多い」、あるいは「庭にいるのは女性のほうが多い」というような知識を入れるしかない

引用元:「人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの」
(角川EPUB選書) 松尾 豊 (著)

そんな難解な翻訳をGoogleは何処まで人間に近づけたのか?

同じく人気翻訳サービスであるexcite翻訳の結果と比較して見てみましょう。

スポンサーリンク

Google翻訳 vs excite翻訳

原文
俺かい?俺はだいたいいつもサボっているよ。
それがどうした?俺が何かお前に迷惑をかけたのか?
おい、なんだこの野郎!ふざけんじゃねぇ!!

Google翻訳
Me? I always skip it.
What happened there? Did I bother you something?
Hey, what a fuckin! Do not be silly! It is!

excite翻訳
Is it I? I’m lazy almost usually.
What happened to that? Did I cause you any trouble?
Hey, what is it, this one! I don’t play, !!


Google すげぇ。

この「俺かい?」を「Me?」とするか「Is it I?」とするかは
正に機械には判断の難しいいわゆる「こっちの方が自然だろう」という人間の感覚ですよね。
Googleは見事に自然なMe?を選択しています。

また最後の所なんかもいいですね。exciteに比べて理不尽な怒り具合が上手く出ています。

もう一個行ってみましょう。


原文
おはようございます社長。今日何か体調が悪くて・・・はい。はい。
え?駄目!?まだ何も言ってないじゃないですか!
畜生!どうなってんだこの会社!訴えてやる!

Google翻訳
Good morning president. Something is wrong today … Yes. Yes.
Huh? No good! Is it? I have not said anything yet!
damn it! What is going on with this company! I will appeal!

excite翻訳
Good morning, president. I’m in somewhat bad condition today, and…, yes. Yes.
Oh? Is it useless? Has everything been talked about yet!
Crap! It’s TEN how is which, this company! I’ll resort!


やっぱGoogleすげぇ。

exciteの方はこれぞ機械翻訳って感じの回りくどい文章ですが
Googleはほとんど違和感ないですね。

1行目のexciteの「and…」は雰囲気を察して
オリジナリティ出して来た感があって好きですが。

さぁいかがでしたでしょうか今回の翻訳対決。
これもう仕事でそのまま使ってもほとんど問題ないんじゃないですか?
このままどんどん精度が上がっていけば
本当に英語学習は必要なくなる日も遠くないですね。

メールやSNSで英語を使う時に「それ翻訳使った?」
って突っ込まれて悔しい思いをしてきた皆さん!
今こそ立ち上がれ!!私自然な英語できますよ感をどんどん出していこう!!!

ネット上のみで。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする