お触り自由な6億円。高島屋大黄金展 | 大阪サボリーマン情報

お触り自由な6億円。高島屋大黄金展

11/17日、高島屋大阪店で大黄金展が開催されました。

高島屋大阪店(大阪市中央区)で17日、金製品の展示販売会「大黄金展」が始まり、豪華絢爛(けんらん)な「純金たこ焼き器」がお披露目された。黄金のまばゆい輝きを放つ…

4000万相当の純金たこ焼き器だと!?

黒毛和牛弁当1080円でグダグダ言ってる場合じゃねえ

すき家の黒毛和牛弁当は1080円の価値があるのか。実際に食べてみた
牛丼チェーン店のすき家が黒毛和牛弁当を出しました。 牛丼といえば「上手い早い安い」のイメージですが、ここに来てまさかの高級路線...

スポンサーリンク

行ってみた

開催場所は高島屋大阪店の7階。

エレベーターを降りて右にまっすぐ直進すると展示場所がある。

入り口から入って5秒で何のありがたみもなく登場するのが、お触り自由な6億円の大金塊。

マジで超普通に置かれてる。
ティッシュ箱ぐらいの感覚で置かれてる。

というか一回普通にスルーして奥に入ってしまった。

触っていいですか?と警備員に聞くと「いいですよーどぞどぞー」となんとも緊張感のないお言葉。

この取扱いの手軽さも金の魅力の一つか。

しかし簡単に触れるとは言え6億円の金塊だ。なんか下手な仏像よりご利益がありそうだぞ。

他の純金アイテムは写真撮影もお触りも一切禁止なので唯一の体感型スポットである。

一通りペタペタした後奥に入ってみると当展示会の目玉、金箔フェニックス像が。

img_7154

何と神々しい・・・。

img_7156

このフェニックス像だけは写真撮影可能となっている。

フェニックス像の奥に見えるモニターの横にあるのが、話題の純金たこ焼き器。

お値段なんと4320万円。セットの純金の爪楊枝は7万円。

その横には「たこ焼きの試食は行っておりません」の文字が。

わかっとるわ。

さらにその奥には純金の刀や茶釜、仏像などのアイテムが続いていく。

あとは真面目な商品ばかりかな、と思っていると、突如現れる純金の巨大キティちゃん(1700万)

ほんとに何処にでも顔を出す奴だ。

感心して見惚れていると、その後ろにはなんとウルトラマンの純金アイテムが勢揃い。

金色に光るウルトラマンの写真額縁(50万)、

バルタン星人の模型(100万)、ミニカネゴン、ミニガラモン(30万)、

ウルトラマンバッヂ(18万)などなど魅力的な純金アイテムが並ぶ。

個人的にバッヂが超欲しい。

その横には魔法使いミッキーの模型(100万)などもあり、ファンなら普通に欲しがるようなポップなアイテムがずらり。

老若男女楽しめるラインナップだ。

そのほかは購入し易いお手頃な価格コーナーもあり、テレホンカードサイズのミニ金カレンダー(6,000円)やしおり(5,400円)などがあった。

しおりは重さ0.3gの金のプレートで、中央には綺麗な花がプリントされてある。

金なのに上品な雰囲気がある為、これは最後まで買おうかほんとに迷った。

なんか金のしおりとか本に挟んでたらかっこええやん。

散々迷った挙句、最近Kindleしか持ち歩いてない事に気付いてその場を後にした。

今回写真を取れなかったのが非常に残念なのですが、中々見応えのある展示会だったので、難波に来た際は是非寄ってみて下さい。十分楽しめると思います。期間は11月21日までです。

何より6億円の金塊に触る機会は中々ないでしょう。

おまけ

帰る途中、エレベーター横にお手頃なサボリスポットを見つけたので2時間ほど寝て帰りました。

img_7157

椅子がフカフカで凄く気持ちよかった。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする