KindleにあってiPadにない魅力はポケット? | 大阪サボリーマン情報

KindleにあってiPadにない魅力はポケット?

こんにちは。サボ夫です。

皆さんKindle使ってますか、Kindle。

個人的には外で本を読む人は全員マストバイだと思っているアイテムです。

多分去年買った物の中で一番満足度が高いアイテムです。

外出先や通勤時間、どこでもKindleを忍ばせて読書を満喫しています。

今回はそんなKindleをちょっと変わった視点でご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

Kindleって何?

一応知らない人の為に軽ーく説明を。

KindleとはAmazonが発売している電子書籍リーダーで、一番の特徴である電子インク搭載により、本物の本を読んでいるかのように読書が可能な凄い機械です。

本はAmazonにてダウンロードができ、小説であれば400冊以上を保存可能。

電子書籍なんかiPadかiPhoneで読めばええやん。Kindleとか貧乏人専用アイテムやろ。

ってほざいてた僕が手のひらをギュルンギュルンに返しながら泣いて土下座した一品。

何故Kindleなのか

最初は家ではiPad、出先ではiPhoneといった感じで電子書籍を読んでいたんですが、スマホやタブレットで長時間本を読むと、バックライトで目が疲れるんですよね。

ただでさえ普段からスマホばっかり見ているので、読書するときもスマホだと目がギラギラして、段々ストレスを感じるようになりました。

その点Kindleは電子インクの為バックライトを必要としない。

長時間読んでいても目に優しいし、文字なんか近くで凝視してもデジタル感がまったくない。

ほんとに紙の本の質感です。

やっぱり「本を読んでる」という感覚は凄く重要で、スマホやタブレットではそれが絶対に味わえない。

なのでサボ夫はKindleを毎日持ち歩いて、仕事中サボリながら読書をしています。

iPhone、iPadとのサイズ比較

これがそのKindle様のご尊顔です。

iPhone6とiPad2との比較です。驚く事にこの画面、電源オフ状態です。

電源を切る時にランダムでカッコイイ壁紙を描写してからオフになるので、電子インクが残ったまま表示されるんです。

洒落てるぜ。

薄さはこんな感じですね。

img_7205

少しiPhone6より厚い程度でしょうか。

img_7222

iPad2とはほぼ一緒ですね。

重さは205グラムです。iPhoneより50グラムほど重いぐらいですが、面積があるので持った感じはiPhoneより軽いような感覚です。

写真はiPad2ですが、最新のiPad Air2でも重量は437グラムなので、Kindleの重量は半分以下ですね。

Kindleは何処にでもフィットする

買ってから気付いたKindleの良い所は取り扱いが楽。

重量も軽いし、良い意味で高級感がないので、ほんとに文庫本みたいな気楽さで扱えます。

iPadなどの他のタブレットではこうはいきません。
電車で吊革にぶら下がりながら片手で気楽に読めるのはKindleだけです。

使い方は多くのサイトでレビューがあるので、ここではKindleのサイズは何処まで実生活にフィットするのか写真でお見せしたいと思います。

使用している機種は2015年のKindle Paper Whiteです。

ジーパンにフィット

まずは前のポケット。

img_7212

スポッ。

img_7214

完全に隠れるまで入りました。

さすがにこのまま歩くと四角いシルエットがふとももに浮かび上がりますが。

次は後ろポケット。

img_7206

こちらは奥まで入りきらず、頭が飛び出してしまいました。

だがしかしこの無骨さも良い。

カバンを持たずに、ケツポケットにKindleだけ突っ込んで外出するスタイル、結構好きです。

スラックスにフィット

通勤時間に読書する人にとっては、スーツに入るかどうかはかなり重要です。

立ってる時に電車内でカバンから出し入れするのは結構めんどくさいです。

まずは前から。

img_7218

スポッ。

img_7219

奥まで綺麗に入りました。

後ろはどうでしょうか。

img_7221

スポッ。

img_7220

は、入った・・・・・!!!

歩いてモコモコしない分前ポケットよりもスマートです。

お尻で踏み潰すのはだけは気をつけましょう。

ジャケットにフィット

次は大本命スーツのジャケットです。

パンツは前述の通り、歩く時にモコモコしちゃったり、お尻で踏んじゃったりするのでジャケットに入るならそれが一番です。

まずは前から。

img_7207

スポッ。

img_7208

超ジャストサイズ。若干頭が出ていますが、ポケットの蓋で閉めれば問題無し。
モッコリもありません。

内ポケットはどうでしょうか。

ここに入れば超スマート。エリート階級特進間違い無しです。

img_7209

スポッ。

img_7211

スポオオオオオオオッ!!!

完璧です。何も言う事はありません。

モッコリも頭出しもお尻踏み潰しもありません。

想像してみて下さい、ジャケットの内ポケットからKindleを出す動作を。

どう見ても年収1000万です。

スーツを着る人でしたら収納場所はここで間違いないでしょう。

あんなとこにもフィット

Kindleは生活のあらゆる場所にもフィットします。

玄関の小物入れに。

img_7215

トイレに。

img_7216

お風呂場に。(要ジップロック)

img_7217

まとめ

本を読む使い勝手においては他の追随を許さないKindle。

こいつは電子機器だと思わず、文庫本と同じような感覚で使って初めて、その真の魅力を味わう事ができます。

お行儀よくカバンに入れるのもいいですが、ポケットに入れてガツガツ読むのがオススメです。

値段が安い事もそうですが、軽い上に外側がラバーケースなので、タブレットに比べれば衝撃にかなり強く、少々手荒に扱ってもなんともありません。

更にサボ夫は落下水漏れ保証プランに入っているので、精神的にも取り扱いがかなり楽です。

一点注意点として、漫画などのイラストが多い本を読む人にはKindleはオススメできません。決して処理速度が早い機械ではない為、文字以外に関してはサクサクと動かずストレスになるからです。

同様の理由で、パラパラとページをめくるような動きや、辞書的にあっちこっちページを飛ばして読みたい人にもあまりオススメできません。

逆に活字メインでじっくり本を読む人にはこれ以上の相棒はいないでしょう。

文庫本を扱う感覚で数百冊の本を持ち歩ける喜びを、是非体感してみて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする