Google Adsense審査に関する6つの嘘 | 大阪サボリーマン情報

Google Adsense審査に関する6つの嘘

tsuru_syouganaina-_tp_v

こんにちは。サボ夫です。

当サイトはようやく念願のGoogle Adsenseに合格しました。

審査中は様々なサイトを参考にしていましたが、審査が通った今、思うこと。

それは、

どのサイトも嘘ばっかりだったということ

今回はそんな巷に溢れるAdsenseの迷信をきっぱりと切り捨てたいと思います。

スポンサーリンク

嘘その1、PV数の少ないサイトは受からない

あまり言いたくありませんが、当サイトのPV数は一日2桁代です笑

PVが必要という事であればまず受かっていない数字でしょう。

1桁代のPVでも受かったという話も聞きましたので、審査にPV数はまず関係ありません。

嘘その2、開設3ヶ月未満のサイトは受からない

当サイトは開設して21日目にAdsenseに合格しました。

よってこれも真っ赤な嘘といえるでしょう。

嘘その3、プライバシーポリシーのないサイトは受からない

これは結構いろんな所で目にしましたが、見ての通り当サイトはそんなものはございません。

小難しいページを作る暇があったら1記事でも多く書きましょう!

嘘その4、審査に落ちた後の再審査は最低2週間空けなければいけない

これは時間がかかる上、その後のブログ運営のモチベーションも大幅に下げるひどい嘘です。

当サイトはコンテンツ不足が理由で一度審査に落ちていますが、不合格の連絡を受けた直後に再申請をかけて合格しました。

嘘その5、画像を載せてはいけない

全ての記事に画像を載せていましたが問題ありませんでした。

また、アイキャッチにフリー素材の画像を使うとサイトの価値が落ちるなんて話も見ましたが、バリバリにアイキャッチにフリー素材使ってました。

ただし、著作権の存在する画像は使用していません。

嘘その6、他社の広告を載せてはいけない

僕は先にAmazonアソシエイトに合格していたので、審査中一部ページにAmazonの広告を貼っていました。

これは少しマジっぽかったので心配してましたが、これも問題はなかったようです。

合格した時の状況

記事数:26

平均文字数 : 約1,000

上に書いた通り、当サイトは一度審査に落ちています。

状況としては、2次審査といわれているコード貼り付け審査が始まって、2週間ほど経った後、メールで「コンテンツ不十分」が理由で落とされました。

最初に審査をかけた段階では記事数は確か10もいってなかったと思います。

ただ、審査中も1日1記事前後のペースで更新を続けていましたので、審査が落ちた時点での記事数は24でした。

審査時点での記事を見ているのか、審査中に更新した記事も見ているのか不明でしたので、不合格のメールが来てすぐ再審査をかけることにしました。

結果、2時間後にあっさり1次審査を合格し、3日間の2次審査を経て無事合格となりました。

2回目の2次審査中、更新した記事は2記事で、文字数はそれぞれ約2,500文字。

文字数が多い記事とはいえ、たった2記事の差で合否がわかれるのか?

やはり審査時点のサイトを審査対象としているのではないか?

上記の疑問から「審査は最大3日」という表記は、3日以内に合否を連絡しますよ、ではなく、審査自体は申請時から最大で3日間しか行わないという事ではないかと推測しています。

つまり4日目以降のサイトの状態は見ていないという事ですね。

これであれば最大3日といいながら連絡が数週間後だったり、今回のように2記事追加しただけで合格したりといった部分がスッキリします。

まとめ

審査後4日以降は審査対象外となっている可能性有り!

申請時から更新を続けているようであれば、審査に落ちた後も諦めず再申請をかけよう!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする