松本人志の「ドキュメンタル」は「笑ってはいけない」を越えた | 大阪サボリーマン情報

松本人志の「ドキュメンタル」は「笑ってはいけない」を越えた

こんにちは。サボ夫です。

松本人志が手がけるお笑い番組「ドキュメンタル」がついに11/30公開されました。

僕はまったく存在を知らなかったのですが、何気なく見てみるとこれが面白い!!

久々に本物の笑いを追求した番組が出たなと思いました。

スポンサーリンク

ドキュメンタルて何?

HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタルをAmazonビデオ プライム ビデオで 1

松本人志プレゼンツ、密室笑わせ合いサバイバル。10人の芸人たちが自腹の参加費100万円を握りしめ、芸人のプライドと優勝賞金1000万円をかけて笑わせ合う。最後まで笑わなかった者が勝ち。密室に閉じ込められた芸人が極限まで追いつめられることで生まれる本能むき出しの笑いを見逃すな!

引用元:Amazon

今や国民的な人気を誇る「笑ってはいけない」という番組がありますが、

年末の特番に変わってからは正直面白くなくなったという人も多いんじゃないでしょうか?

大衆向けの笑いはビジネスになりますが、本当に面白いものは作れません。

そんな「笑ってはいけない」から徹底的に大衆要素を排除し、より純粋にお笑いを追求した番組がこの「ドキュメンタル」です。

参加芸人は?

HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタルをAmazonビデオ プライム ビデオで 2

複数の芸人に招待状を送り、100万円を払って参加したい人だけが参加するシステムになっています。

その為、誰が参加するかも最初の楽しみの一つです。

「ジャングルには水辺が得意な奴もいれば足の早い奴もいる。芸人も同じで、どの笑いが一番強いのかを決めたい」

松本のその言葉どおり、ボケやツッコミに限らず幅広いジャンルの芸人がチョイスされています。

女、子供には向かない番組

HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタルをAmazonビデオ プライム ビデオで

「笑ってはいけない。はショーとしてエンターテイメント性が良くも悪くも高くなってしまった」

冒頭に松本人志はこう語ります。

更にこの番組に対して「お年寄りや女、子供がこの番組を見てもピンと来ない」と付け加えます。

この「女、子供」という表現は、今の時代非常にデリケートな言葉ですが、冒頭の松本の語りで印象的に何度も登場します。

女、子供用の笑いはもううんざりだ。と言わんばかりに。

もちろんこれは性別や年齢といった事ではなくて、笑いの深い部分を理解せずに表面的に判断する人達への比喩表現なのですが、普通ならカットされるようなこの表現をあえて放送する所に、この番組の姿勢、ネット配信だからこそできる可能性を感じます。

特に印象的なのは二人の参加芸人に対するコメントで、
トレンディエンジェル齋藤には

「女、子供は笑うけど、ここにいる奴らはハゲごときで笑わない。」

同じく参加芸人である黒人のアントニーにも

「齋藤と同じで、あの程度毛色が違うだけでは今更誰も笑わない」

と、ばっさり切り捨てます。

まさに世の中で流行っている笑いを真っ向から否定する姿勢に松本人志の本気が伺えます。

本当に笑ってはいけない環境が最高に笑える

この番組へ参加するには100万円を自分で用意しなければいけません。

先輩にお金を借りたり、嫁に頼み込んで工面したりと、それぞれの100万円の調達方法もしっかり紹介される為、笑ったら洒落にならない緊張感をより一層引き立てます。

第1話のほとんどをこうした各芸人の背景紹介に使っている為、ゲーム開始の緊張感が視聴者に上手く伝わり、普段なら絶対笑わないようなくだらないギャグが、吹き出すほど面白く感じてしまいます。

この辺りはほんとに上手い作りだなーと関心すると同時に、初期の笑ってはいけないシリーズを彷彿とさせます。

もちろんこちらは100万没収の上即退場ですので緊張感は段違いですが。

どうやって見るの?

ウェブサイトAmazonで、有料のPrime会員のみが視聴できる動画として配信されています。

Amazon.co.jp 公式サイト。お急ぎ便ご利用で当日・翌日にお届け。アマゾンで本, 日用品, ファッション, 食品, ベビー用品, カー用品ほか一億種の商品をいつでもお安く。通常配送無料(一部を除く)

現在ドキュメンタル配信記念で年会費3,900円が12/4まで2,900円にセール中ですので、今から入会される方はかなりお得ですね。

まとめ

今後この「ドキュメンタル」を皮切りにネット配信が主流になる時代がやってくるかもしれません。

それぐらい可能性を感じるお笑い番組です。

この番組が流行って地上波進出なんて事にならない事を祈っています・・・。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする