汚い吊革さようなら。吊革カバーグリッポンが快適すぎる | 大阪サボリーマン情報

汚い吊革さようなら。吊革カバーグリッポンが快適すぎる

こんにちは。サボ夫です。

突然ですが皆さん、電車の吊革どうされてます?

僕は手だけかるーい潔癖なんですが、あの吊革を握るのが気持ち悪くて、基本的に吊革は握りません。

やむを得ず握る時はいつも外側を握っています。

おじさんとか普通にくしゃみを受け止めた両手で吊革握ってますからね。

勘弁してくれよ、と。

男はトイレに行って手を洗わない人もほんとに多いですからね。

体感で6割ぐらいは洗ってないんじゃないかと思います。

マジで勘弁してくれよと。

そんな野郎達が一日中入り乱れて握るわけですから、吊革なんて綺麗なわけがない。

例え抗菌加工で菌がいなくとも、おじさんの何かは付いている。

でも、吊革を握らないとバランスを取るのが辛い・・・。

そんなキレイ好きには正に救世主といえるアイテムを発見しました。

スポンサーリンク

吊革カバー グリッポン

IMG 7250

吊革に被せるカバー。ただそれだけ。

それだけだが、

こういうのを待ってたんだよ!!!

ニッチすぎる要望を商品化してくれた創考テクノさんに感謝。

IMG 7252

吊革の形も、丸型、三角形、二等辺三角形に対応してるので、電車のヘビーユーザーも安心。

痒いところに手が届きます。

早速使ってみた

開封したグリッポンをポケットに忍ばせ、いざ電車へ。

便利とはいえまだまだ珍しいアイテムなので、実践で使うとなるとやはり周囲の目が気になる・・・・。

えーい!親父の体液を握るよりゃマシだ!

img_7254

思ったより違和感がない。

周りの人も特に気づいていない様子。

まぁ人の握ってる吊革なんて普通見ませんもんね。

しかし、気兼ねなく握れる吊革のなんと快適な事か。

そうか、吊革とはこんなにも楽なものだったのか。

もうこれ使っちゃったら、素手で吊革握るなんて二度と出来そうにない。

脱着も簡単に出来るので、慣れれば混雑していても気づかれずに取り外しできそうだ。

恐怖の使用後

表面はこんな感じ。

img_7289

僕の綺麗な手が握ってたので特に汚れてはいません。

表面のロゴの部分ですが、ここはシールなので剥がす事が可能です。

吊革に被せた時はロゴの部分が下に飛び出しますので、前に座ってる方には目立つかもしれません。あまり注目されたくない方は、剥がして利用すればより隠密感が増します。

僕はグリッポンを普及させたいのでこのまま利用します。

次は肝心の、吊革と密接していた内側部分を見てみましょう。

img_7292

なんかもじゃもじゃがいっぱい付着してるううううううう!!!

これは恐らくポケットのコートの毛なので、毛自体はいいんですが、表面は一切付着していなくて、内側だけ付いてます。

つまり、吊革にこびりついてた粘着質の何かがグリッポンについたんじゃないでしょうか。

吊革握った時になんかベタベタしてた時ありません?気のせいかなと思っていましたが、気のせいではなかったようです。

いや、静電気の関係とか色々あるのかもしれませんが・・・。

いずれにせよグリッポンが守ってくれた事に変わりはありません。グリッポン最高。

水洗いしても抗菌加工に影響はないそうなので、じゃぶじゃぶ洗いましょう。

まとめ

ありそうでなかった吊革カバー。

精神的な気持ち悪さ以外にもウィルスの感染予防にも繋がりますので、中々の実用品なのではないでしょうか。

僕的には本当にありがとうと開発者にお伝えしたい気分です。

一点使ってみて気になった点は、

サイズがちょっと小さいので、手の大きい男性は多分小指がちょっとはみ出ます。

僕は割りと手は小さい方なのではみ出るまではいきませんでしたが、ギリギリでした。

fullsizerender

女性であればまず問題ないでしょう。

色は白、ピンク、緑の3色ありますが、あまり目立ちたくない人は白一択ですね!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする