京都生け花発祥の地でサボる 六角堂 | 大阪サボリーマン情報

京都生け花発祥の地でサボる 六角堂

こんにちは。サボ夫です。

今回は仕事で京都まで行ってきましたので、京都のサボりスポットを一つご紹介します。

その名も六角堂

IMG 7303

ここはいけばな発祥の地として知られ、かの有名な聖徳太子が建てたお寺と言われています。

京都の中心部、烏丸御池駅の近くにある為、徒歩でアクセスしやすいのが魅力です。

写真にある柳の木は六角柳と呼ばれ、観音様のお告げを聞いた天皇がこの木に向かうと、美しい女性が立っていたという言い伝えがあり、その事からこの木に願をかけると良縁に恵まれるとの言い伝えがあります。

このありがたい柳の隣に一息つけるサボりスポットがあります。

IMG 7306

非常にシンプルなベンチですが、これだけのパワースポットに囲まれていれば、癒される事間違い無しです。いつもとは一味違う神聖なサボり体験ができそうです。

更に隣には、これまたありがたいお地蔵様があります。

IMG 7309

皆さん顔が優しいですが、いつも優しい顔つきで、穏やかに話していれば必ず良い報いがあるという教えだそうです。

営業マンの心得として胸に刻んでおきましょう。

そしてサボりましょう。

スポンサーリンク

まとめ

京都は観光スポットと市街地がはっきり別れている傾向にある為、中々仕事中のサボり観光がし辛いイメージがあるのですが、
六角堂は駅近くの中心部にドカンとある為、営業のアポイントの合間に寄りやすいです。

烏丸御池で仕事をする際は、ここで顧客との良縁を願うと良いかも!?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする