Macbook Proは充電しながら使った方が良いのか? | 大阪サボリーマン情報

Macbook Proは充電しながら使った方が良いのか?

SAYA160312140I9A3606 TP V

初めてのノートパソコン、Macbook Proをいじってて思う事。

それは、充電をしながら使うべきか否か。

よくスマホとかでも、充電をしながら負荷をかけるとバッテリーが劣化するとかいいません?実際にスマホ本体も熱をもって凄く熱くなりますよね。

これってノートパソコンも同じなんだろうか?

スポンサーリンク

充電しながらの方が熱くない事に気づいた

前述の理由から、基本的には充電しながらの作業はしないようにしていたんですが、いつものようにダラダラとパソコンでゲームをしている時に、ある事に気づきました。

パソコン本体が熱くない。

いつもなら高負荷がかかるゲーム中は熱々になるのに、この日は涼しげな顔をして鎮座しています。

おかしいな、と思い見てみると、そこには抜き忘れた充電ケーブルが。

おう??充電しながらの高負荷作業は熱を持つんじゃないのかい??

もしかして今はバッテリー事情が変わっているのか?

調べてみた

困った時のグーグル先生。

まさにドンピシャな内容を発見。

Q.MacBook Proを充電しながら動画編集をしても熱などの関係でバッテリーは劣化しないのでしょうか❓

A.
それならAC アダプタをつなげたまま動画編集をした方が熱的な劣化はふせげます。なぜならバッテリー駆動で動画編集した方がバッテリーの温度があがるからです。AC アダプタがつながっていないとバッテリーから電流が供給されますが、バッテリーに電流が流れるということはそれだけバッテリーが発熱することになります。

出典元:Appleコミュニティ

やっぱり!!!

確かに自前のバッテリーでフル稼働するより、外部電力に助けてもらう方がパソコンちゃんも楽になるわなー。

危うく愛しのMacBook Proちゃんを、ボロボロにこき使うとこでした。

まとめ

高負荷作業を行う時は充電しながら使おう。

ただし、100%充電で使い続けるのはバッテリーに良くないので、上手に80%ぐらいで使うのがベスト。

ネットサーフィンなど、もともと負荷のかからないものであれば、そこまで気にする必要もないかと思います。

バッテリーは意外とデリケートなので、使い方次第で寿命が格段に変わってきます。

Appleの公式情報にもバッテリーTIPSがありますので、こちらも併せて確認しておきましょう!

あなたのiPod、iPhone、iPad、Apple Watch、MacBookに組み込まれているリチウムイオンバッテリーの駆動時間と耐用年数を最大限に延ばしましょう。あなたがどんな使い方をする場合でも、最高のパフォーマンスを引き出すためのヒントを紹介します。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする